タグホイヤーの人気の秘密を紹介

タグホイヤーの秘密

タグホイヤーの秘密


タグホイヤーの歴史と特徴


タグホイヤーとは世界的に有名な高級時計メーカーであり、1860年に、エドワード・ホイヤーが時計工房を創立したのが、現代まで続くタグホイヤーの始まりです。以降150年以上の長きにわたり、精巧なクロノグラフの製作技術で名声を得てきました。クロノグラフとは、1秒以下の単位で経過時間を計測ができる、いわばストップウォッチのような機能です。精巧なクロノグラフの登場により、近代科学や産業、スポーツ競技は目覚ましい発展を遂げました。タグ・ホイヤーは1887年に現在でも機械式クロノグラフに用いられているカップリング機構を発明し、特許を得ており、現代に続く重要な技術を発明したメーカーとしても知られています。
20世紀初めにはシャルル=オーギュスト・ホイヤーが2代目社長となり、1916年には100分の1秒の精度で計測可能なクロノグラフを開発しました。その高度な技術は高い評価を受け、1920年から1928年にかけてのオリンピックでストップウォッチの公式サプライヤーの名誉に輝きました。

タグホイヤーの買取り

タグ・ホイヤーはカーレースをはじめとしたモータースポーツとの関係も深く、1911年の自動車のダッシュボードに搭載するクロノグラフの提供に始まり、現在もF1レースのパートナーとなっています。中でも1950年代に流行したカーレースをインスピレーションを受け開発された「カレラ」は同社の傑作のひとつであり、優れたクロノグラフ機構のみならず、洗練されたモダンデザインが高い評価を得ました。その特徴は、立体的なインデックスバーを配し、シルバーで統一されたシンプルな文字盤とスリムなシルエットであり、それまでの腕時計にはなかった新たなスタンダードを確立させました。「カレラ」以降も、1969年発表の「モナコ」、1974年発表の「シルバーストーン」といった傑作を世に送り出し、現代まで続く定番のクラシックデザインを創り出しました。現在もなお、カーレースとの関わりは深く、2004年にはインディカー・シリーズの公式時計を担当しています。
タグホイヤーの歴史を総括すると、タグホイヤーとは高度なクロノグラフ技術を持ち、腕時計に革新を起こしたブランドであるといえるでしょう。
海外の高級時計ブランドの中では比較的手を出しやすい価格帯のものが多く、若々しくスポーティなモデルを数多く発表しているため、時計に興味がある比較的若い方にも人気があります。また、一方でハイエンドモデルは年配のコレクターの方も満足する高い品質を誇っています。

タグホイヤー高く売るならrasin



タグホイヤー モナコの口コミまとめ


タグホイヤー

タグホイヤーのモナコは、どんな感じなのでしょうか。購入の際はしっかりネットの口コミなどチェックしましょう。

【タグホイヤーは高級時計に見えない】
ボクは、タグホイヤーが大好きで、 三針モナコもいいけど、 クロノもちょっと遊ぶ時のため専用に一度購入しておこうと決めました。 デザインは、スクエアケースに派手な配色で、やや渋め感も、ボクには程良い満足感があります。 でも実際に、タグホイヤーは、万人が好む時計ではなく、好き嫌いが激しい時計で、嫌いという人たちも多いでしょうね。 実際に、タグホイヤーは高級時計なのですが、時として、外装がチャチっぼくて、とても、高級時計に見えない時もあります。

【タグホイヤーモナコが素敵】
私は、タグホイヤーモナコの魅力にこよなく酔いしれている一人です。なんで、タグホイヤーモナコが、これほど私を虜にしているのかといえば、手にとって感じることのできる個性と高級感です。 みなさんはタグホイヤーモナコについて、あまり多くの知識を持っていないでしょう。しかし、タグホイヤーモナコには、多くの語ることができる歴史が存在してて、まさに、ブランドの高級時計を持ちたい理由のひとつと言っていいでしょう。 ただデザインがいいから、あの時計を購入するということではなく、歴史の重みが存在しているから、一過性のものでなく、そのデザインを信じ続けることができます。 もちろん、他のブランド時計でもいうことができますが、タグホイヤーモナコ程度の個性的なものならなおさら、それを感じることになります。

【気になる部分】
タグホイヤーモナコの気になる部分は、デイト表示の停止位置と言う感じでしょうか。ダラダラしてなく、カシャッという感じで変わるのはいいけど、 調整が甘い感じがあります。 枠の中央にしっかり止まらない……。数字が枠に隠れてしまうこともあるから、なんだかな……という気持ちにもなって来ました。

【タグホイヤーが現実的な価格のブランド】
タグホイヤーモナコも、高級時計は高級時計です。そんなにおいそれと、タグホイヤーモナコを購入できる人たちはいないでしょう。 でも私、タグホイヤーモナコは、高級時計であることは間違いないですが、とても現実的な価格という感じがしているのです。現実的な価格だから、私にも届かない時計ではないかなという感じがあります。 オメガ/シーマスターダイバー300M(212.30.41.20.01.003)を購入したいと思えば、475,200円です。しかし、タグ・ホイヤーモナコWAW131A.FC6177 は \149,850あたりです。 これが、私の言っている現実的な価格の意味です。

【正しい価格で買取してもらうことができるでしょうか】
タグホイヤーといえばモナコと私は言いたいですが、確かに、タグホイヤーモナコの熱狂的ファンというものは世界中に存在しているかもしれませんが、他のブランドウォッチと比較すれば、少数でしょう。 誰もに、高級時計を持っているねと認めて欲しいのなら、タグホイヤーモナコではないのかもしれません。 もしも、タグホイヤーモナコを、手放し、買取して欲しいと思った時には、正しい価格で買取してもらうことができるのでしょうか。

【オメガやブライトリングと肩を並べることのできるブランド】
私は、タグホイヤーモナコを、オメガやブライトリングと肩を並べることのできるブランドとして理解しています。 でも、やっぱり、当たり前にみなさん方は、オメガやブライトリングを選択してしまうかもしれないですよね。 個性を主張したいのら、もうちょっと、時計選びにもエスプリをきかせていただきたいのです。 より個性的な人間たちに選ばれているのが、タグホイヤーモナコです。

【どの高級時計ともかけ離れている】
タグホイヤーモナコは、デザイン的には、自分にとって最高です。 結局、何をして最高なのかと言う問題は、その人たちそれぞれの問題ということができるでしょう。 タグホイヤーモナコを、購入しようと決めた人たちは、決して、あのブランドにしておけば良かったかなと言う後悔は起こらないでしょう。 タグホイヤーモナコは、いろいろな高級時計と比較されることはありますが、どの高級時計ともかけ離れているともいうことができます。タグホイヤーモナコがいいと言っている人たちは、ズバリ直球で、タグホイヤーモナコがいいという人たちが多いのです。 タグホイヤーモナコを購入した人たちが、後悔する人たちは皆無と言いたいです。 好きでない人たちは、もちろんタグホイヤーモナコなんて購入しませんし。

【進む方向性】
タグホイヤーモナコはスイスを代表するブランドのひとつとひとつです。でも、やっぱり、タグホイヤーモナコについてもっと考えるべきことは、その進む方向性でしょう。 そのまま、スイスのブランドだからということで、すんなりタグホイヤーモナコを受け止めることもできないのではないでしょうか。 希少性や機械の緻密さやマニファクチュールを考えるのなら違う時計がいいかもしれません。


関連動画


最新記事

Powered by RSSリスティング